デリヘルBlog バロンドール

デリヘルBlog バロンドール

ハーフ美女と楽しめたデリヘル

憧れのハーフデリ嬢と・・・

憧れのハーフ美女を何とかして探したい

風俗店って純日本人の女の子か、外国の子が多い印象ってありませんか?
風俗歴10年の私ですがいままで一度としてハーフの女の子に当たったことがありません。
ハーフの女の子ってどこにいるんでしょうか。
芸能界以外に居ないような気がする……というと大げさですが、それくらい貴重な存在だと思います。

そんなわけで、普段利用しているデリヘルの「デビュー」的なページを見ては
女の子のプロフィールに「ハーフ」という3文字が書かれていないか、血眼になって探していました。
酷い時にはハーフっぽい女の子を見つけては
写メ日記をひたすら読んで、ハーフかどうかを見極めていた時期があります。
ぜんぜん見つからなかったんですが。
そんなある日、ようやくハーフの女の子のデリヘル嬢を見つけました。
これは一度お手合わせ願いたい!
そう思った私は、早速指名をすることにしました。

接客は日本語

デリヘルの受付に電話を済ませ、ラブホテルで待つこと10分。
ハーフだろうと思われる女の子がやってきました。
相変わらずここのお店は客を待たせない。
そういったところが私の評価ポイントです……と、脇道に反れてしまった話はさておき、ハーフのローサちゃん(仮名)が来ました。

ローサちゃんは日本語が堪能。
というか、生まれてからずっと日本暮らしをしているので、日本語のほうが得意だそうです。
聞くところによるとイタリア人の母とのハーフとのことでした。

海外仕込みのスマタ

「ハーフの女の子も日本語で接客するのだなぁ」などと
阿呆な感想を抱いていたのですが、いよいよプレイ開始。
手コキ、フェラはさることながら、スマタの技術が素晴らしかったです。
スマタって風俗経験者じゃないとなかなかしないと思うんですが、ローサちゃんのスマタのレベルは風俗経験者の中でも段違いでした。
当然のようにスマタでフィニッシュ。
ゴムはつけていたので、心置きなくださせてもらいました。
プレイ後、「もしかして、ずっと風俗で働いていた?」と聞くと、「彼氏に練習させられた」と語るローサちゃん。
怒りにも似たような感情がありましたが、その彼氏のおかげでローサちゃんの極上スマタが受けられたのも事実。
何かを得るためには何かを犠牲にしなければならないと、私は自分の心を納得させました。
デリヘルにもハーフの女の子っているんですね。
もっと、ハーフの女の子が遊べるお店が増えたらいいなと思います。